こんばんは。
シリーズ化してしまった旅ログ、もう少々おつきあい下さいませ。

ごぶさたしています☆ただいまfromダッカ
ダッカのカレーが美味しくて体重増で戻った件

道の悪さや埃や貧しさは、想像通りでしたが、
あちらに行って驚いたのがレストランやカフェのレベルの高さ!!!

ダッカには外資企業や国際機関なども多いので、外国人向けかと思いきや、
ほとんどがローカルのお客さま。

夜はカレーをほとんど頂かず、いわゆる洋食を。

一番感動したのがSteak House (House #8, Road #53, Gulshan 2)。
かなりレベルの高いビーフが、数千円もせずに頂けます。
パリッとしたテーブルクロスやステキな内装に驚きました。
バングラデシュはムスリム国でアルコールは御法度ですが、外国人向けの酒屋さんがあるので、
ワインを持ち込みました。
(お店にお酒を持ち込めるかは、事前に確認が必要です。)

グルシャン1と2の間にあるZaikaは、噂通りベトナム料理が美味しかったです。
グルシャンアベニューとストリートが交差したところのビルにあるCornerという
タイ料理もかなり本格的でした。

和食も韓国料理も、もちろん中華もあります。
お隣にお姉さんが座ってくれるお店もあるそうです(韓国と聞きました)。

ちょっときれいめなところでカレー!なら、Shajna (Road11, Bonani)も良かったです。
Dhansiriというウェスティンの向かいにあるレストランは少しローカルっぽくもあり、
雰囲気を味わいたいなら是非☆
ヒルシャフィッシュの卵のカレーを頂いたのはこちらです。

それから、カフェもたくさんあります。
そしてそのほとんどが無料のwifiサービスがありました。
FBも見れるし、LINEでお友達とチャットなんかもできてしまいます。

感動級のチーズケーキを頂いたのはグルシャン2にあるBitter Sweet。
オサレな内装、凝ったラテアート、そしてチーズケーキのクオリティの高さに驚きました。


他にもダッカのオシャレな若者が集まるKIVA HAN COFFEE (House1/A, Road #23, Gulshan1)も
くつろげます。

アートがたくさん飾ってあるMermeid Cafe (Gulshan 2)から眺める街の喧噪も○。

自分がアジアの最貧国にいて、5分前には物乞いされたことを忘れそうになる
空間の数々でした。

ご覧の通り食い倒れな旅でしたが、ローカルスイーツにもいくつかトライしましたので、
次回UPできればと思います☆

また、既に現地では有名すぎる情報ブログ「バングラデシュ観光案内所」に、
たくさんステキな写真も載っています☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑写真を見ると旅の暴食が蘇る・・・。ダイエット頑張って!の応援ぽち、お願いします☆

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。