最近かなり暑いですね〜。
我が家、狭いながらも4方に窓があり、どこかしら風が通っているのですが、
最近は全然ダメです。
シーリングファンが欲しい〜。

そんな暑ーいシンガポール、そこらへんの街路樹として
ココナッツやらパパイヤやらバナナがなっています。

ご近所のコンドにも、バナナの木が植えられていて、
たまに花が咲くとムスメと毎日観察に出かけたり。
花からグリーンのバナナに変わるのを見たり、
買ってきたバナナと違ってなかなかイエローにならないねーなんて話したり。

なんとなーく色づき始めたバナナを見ていたある日突然、
そのバナナがなくなっていました。
ムスメはもうバナナが見られないと、泣き出してしまいました。

そんな様子を見ていた、そのコンドのセキュリティーのおじいちゃん。
どうしたの、と話しかけてくれました。

ワケを話すと、ドンウォーリーとニコニコなおじいちゃん。
そろそろ熟してきたから、昨日庭師がカットして、いま追熟待ちなんだよ、と。

その数日後、呼び止められて、なんとそのバナナを頂いてしまいました。

オーナーにまずはお渡しするんですって。
すると半分くれるから、更にそれを庭師さんと半分こするそう。
その自分の分け前を、全部ムスメに渡してくれました。

もちろん丁寧に辞退して、1本でいいから〜と伝えるも、
いいからいいから、と。

お気持ちが嬉しくて、結局頂いたのだけど、その後もバナナが実る度に頂いてしまっています。
ムスメも「バナナ・アンコー(uncle)いるかな」と、近くを通る度に挨拶に行くように。
何を話すってわけでもないけど、なんとなく立ち話w

たまにマーケットで買ってきたというリンゴをもらったり。
ある時は、ランチにリトルインディアでカレーまで買ってきてくれる親切なおじいちゃん。

何かちょこっとお礼をしようとしても、いつも断られてしまいます。
でもあきらめないもんね☆

以前私が来ていたサリーを急に思い出し、自分にもサリーを着せろと。
私のストールで、こんな感じにしてあげたらご満悦でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑最後までお読みいただきありがとうございました。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。