シンガポールにきて早2年。

お片付けモードになった時に、いらない服をゴミ袋に詰めてお掃除用にとっていました。
(妊娠前の服ばかりで、産後はこちらで買って、結局ほとんど着ないものばかり・・・汗。)

日本にいた時はウェスにしてかなり使っていたからなぁ。
でもこちらに来てからは、そんなエコ生活ができておりません。
みなさんはいらない服、どうしていますか?

で、そのままちょこちょこ貯めていたのをすっかり忘れて、最近のお掃除で再発掘・・・。

そのまま捨てても良かったのだけど、姫のお誕生日に何か「小さなイイコト」したいなーと
思っていたので、チャリティバザーをやることに☆

お友達も誘って、家中からいらないものを探し出して。
この時ばかりは断捨離決行です。

気になる我が家の売上金:195.5ドル

端数をおサイフから足して、200ドルをこどもを対象にしているNGO(チャリティー団体)宛に寄付しまーす☆
(現在夫とどこにするか相談中。)

姫と同じくらいのこどもの役に立つのかもーと思うと今から嬉しいです。
200ドルという数字も、2歳のお誕生日にちなんでていいし☆

いやー、相当な量の服で、見に来てくれた日本人のお友達には
驚かれ(いや、むしろヒカれ)たけど、恥を忍んで?出品した甲斐がありました。

他の東南アジアからのヘルパーさん達も、予想通り「家族や親せきにー」って
喜んでたっくさん買ってくれたし。

今回売れ残ったものはSalvation Armyという地元のNGOに物品寄付することが
決まっています。
最初から、全部Salvation Armyに持って行っても良かったけど、
それぞれみんな目的が違ったし、フリマして良かったです。

日本での断捨離ブームはまだまだ続いているようですが、ここシンガポールでも
スッキリした生活を目指したいものです☆

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。