ええ、こんな暑い国でもできるんです。

2月に仕込んだお味噌。
半年たって、もうこんな色です。

少なくなってきたので、また仕込んでみました。
2月の仕込みの様子。
→『2月の佳き日に。

やっぱり寒い時期に日本で仕込んだものより大味、だと思う。
といってもサイドバイサイドで味見したわけじゃないから分かりませんw

でもね。
自分で作ったからか、やっぱりおいしいの♡


今回も24時間以上お水に浸して。
一晩じゃ、なんだかまだ十分に吸水できていない感じがします。


焦らず焦らず、お鍋でことこと。
指でかるーくつぶせるくらい、が目標。


少しさめたら、さぁムスメの出番。
よいしょ、よいしょ、とつぶして。


麹とお塩と優しく混ぜて。


半年前のと比べると、こーんなに大豆色。
さめたら表面にお塩をふって、空気に触れないようにラップでマスク。

じゃっぱり熟成は早いと思います。
周りの味噌女子たちは、ワインセラーを使ってるそう。
我が家は、一番涼しい場所に置いています。

混ぜはしないけど、たまーに様子と味を見て、
少しずつ小さな容器に入れ替えます。
その分は熟成がそこでほぼストップ。

たまーに空気にふれたところが「oh no!」ってなりますが。
だいじょうぶ、大丈夫。
ムスメも夫もお腹なんか壊しませんw お味噌屋さんも大丈夫って言ってるし。

その部分にさようならをしたら。

表面をならして、またお塩をすこーしふって防菌。
こうやってちょっとずつ、濃い味のお味噌に成長します。

麹さえあればシンガポールでも作れますよー♡

オーガニックの大豆とおいしそうなホンモノのお塩を買って、
さーあたなたも「シンガの味噌女子」になりませんか?

↓最後までお読みいただきありがとうございました。どちらか!どちらも!ぽちっと応援お願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。