南アでのゲームドライブでは、ゾウの群れにも遭遇しました。
何頭もいる中に、子ゾウも発見。
ちゃんと大人の間に挟まれて移動していました。

母親ゾウなのか、鼻をこすり合わせる姿がなんとも優しくて。

そのうち、兄弟ゾウ?が遊び始めました。
牙をかけあって、前足が浮きあがるほどのダイナミックな動き。
ゆっくりとした動きですが、あたりには砂埃が。

西日を浴びて黄金色に輝くグレーの巨体が、神々しくさえ見える風景。

私たち人間がいてもいなくても、こうして毎日この広い場所をゆうゆうと
歩き生きてるんだなーと。

そういえば若い頃、ナミブ砂漠で10日ほど通訳ガイドをしたことがあります。
乾いてしまった川沿いに、砂漠ゾウを探す旅。
トイレもない、寝るテントもゴワゴワ。
水はもちろん車に積んであったけど、ゾウ達が掘った穴の後をさらに掘ると、
水が湧き出て驚きました。あんなに乾いていたのに。
(若かった私は、もちろんその水を飲んでみましたとさw)
そんな中、出会えた砂漠ゾウ。
なんでこんな大変な場所で生きてるんだろうって、思ったことを思い出しました。

すばらしい角を持つオリックス。

物語に出てきそうなアンテロープのクドゥ。

朝日を浴びてキラキラと輝く尻尾。

この鳥は何のために赤いくちばしを持つんだろう。

ユニークな模様のゼブラ。
赤ちゃんが生まれたらママのパターン(柄)を覚えさせるために一時的に群れから離れるって
ご存知でした?

家族ができたからか、久々のゲームドライブだからか。
それともこれまでに行った東アフリカの風景の違うゲームだからか。

なんとも言えない空気感と、刻々と変わる太陽の色と、その大地のエネルギーに、
ただただ圧倒されたのでした。

***

ほっとして戻ったロッジのコーヒーの美味しかったこと。
そしてほっとするなーと感じたこのたわわな実!
もとい、鳥たちの巣。

アフリカに行った人は「また帰りたくなる」そうなのですが、
久々に戻ってみて、また改めてそれを感じる旅でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑もう少し続きます。宜しければ続きもどうぞ☆

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。