先日お友達のおうちにお邪魔してきました。
ブラウンと深いレッドの素敵なテーブルでしたーーー☆

ここ数年なんとなーく、クリスマスなのに赤を避けているのですが、こんなシックなテーブルならとても心地いいです。

お昼でしたが、クリスマスっぽくと最初だけキャンドルで演出してくれて、お部屋に入った時に思わず「わお♡」と。

お料理もおいしくて、テーブルはやっぱりお料理好きの人のものだなぁと改めて思いました。
おいしいものを作るから、人を招いて、だからちょっとテーブルに凝るって流れが自然。

私は多分お料理よりもスイーツを作るほうが好きなので、人をお食事にお招きするのがさっぱり。
テーブルを色々考えるのはとても楽しいのですが、大したゴハンが作れるわけでもなく、ちょっとさみしい気持ちになります。

来年はお料理に少し時間をかけて、もっとそのプロセスを楽しみたいと思っています。
シンガポールに来て、4回ほどテーブルコーディネートのクラスをとりましたが、その先生も本帰国され、楽しい習い事がなくなってしまいました。
でもまだまだやりたいことはあるし、年が明けるのが今から待ち遠しいです☆

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。