シンガポールに住み始めて早半年。
姫の出産以来、相変わらず料理に力が入らない私・・・。

特にお料理が得意というわけではなく、でももう7年も結婚しているから、
適当な料理はできている(であろう)。

でも、でもね、姫のお世話が忙しいとか、そういう理由だけじゃなく、やっぱりシンガポールに来てから
あきらかに料理へのパッションが薄れてる。

理由を考えてみると:

1)姫のお世話に時間をとられる(料理をする時間が減った、買い物にも行きにくい)
2)やはり日本と食材がちがう
3)あつ~いシンガポールの気候で、長時間キッチンに立つ気になれない
4)季節感がない(常に夏)から料理のバリエが減る(例えば煮込み料理とかお鍋とかをしない)
5)簡単に作れるチャーハンとか炒めものも、外にでれば本場の中華が味わえる(だからあまり作らない)
6)食べたい物が夫と共にあまり思いつかない
7)外食が安い!(買い出し~片付けまで含める一連の料理を考えるとコスパが良い)
8)キッチンが微妙に使いにくい

なんか永遠にリストは続きそうだけど、だいたいこんなところかな。

6)なんて、来てすぐ感じたのよね。

日本にいた時よりも格段にフード系のメディアに触れる機会が減って(テレビとか雑誌とか)、
食べたい物が思いつかないのですね。

考えてみれば、CMでさえもメニューを考えるいいきっかけになるのに。

「今度おでんしよう」とか「あ、焼き肉もいいなぁ」とか。

が、もともとテレビをあまり見るほうではなかった私は、ロケフリもあんまり使わない。

こっちで見れるNHKのお料理番組とか、たまたまスイッチ入れた時にやってたら観るけど、
最近は秋~冬の季節感たっぷりのメニューばっかりだし。

8)とかは、物件のビューイングの時に気になってたけど、やっぱり若干は影響してるかも?

だってこんなコンロなんですよー↓↓↓

手前のコンロは火力強いけど、写真奥のIH(?)なんて、火加減を調節するのがめんどくさい。

日本のガスコンロって、手前に2つ鍋・フライパンを置けて、奥にももう一つあったりして。

ウチのこの手前のコンロ、前後に設置してあるから、奥が使いにくいのです。

しかも奥のほうが火力が強いってどういうこと?

まぁ、炒めものとかをじゃんじゃんするなら、後ろの壁でブロックされて、掃除はしやすいかな?

ちなみにシンガポールではキッチンの奥の屋外に、油もの用のコンロが付いてたりします。
非常に合理的だけど、衛生的に気になったので即そんな物件はパスしました~。

他にも新しい物件とかはIH風(?)のフラットなコンロがリビングに面する
オープンキッチンについてたのもあって、考えたな~。

クーラー付いてる側で一体どんな料理を作るんだって。
使ってもお茶のお湯を沸かすくらい???
(でもお湯沸かすだけならケトル使うか・・・)

朝目玉焼き作るってのも素敵だけど、絶対油の臭いが・・・

と、思いっきり主婦目線でみちゃいました。

でもでもでもっ。
見た目はすご~く素敵なんですよ。
ひろ~いリビングに、光あふれるきれいなキッチン。
ほんと雑誌の中の風景でした。
デザイン重視のシンガポールの物件って感じ。

ちなみに、やっぱり奥にはもう一つ火力の強いコンロがついてたりします。
だから、ヘルパーさんが住み込みだったり、外食ばんばんするファミリーにはいいかも。

私も来世(?)ではそんな環境にいたいものです。

で、現実に戻りウチのキッチンを少しでも使いやすくするために、「あるモノ」をゲットしました。

↓の写真に写っている、リング状のもの。

なんて言うかはわからないけど、底の丸い中華鍋を支えるベースです。
中華鍋って使いやすいけど、ウチのキッチンはフラットだから今まで使えなかったのです。

ローカルのお友達にこのリングの事を聞いてたんだけど、Home Fixとかでは売ってなくて。

で、この前チャイナタウンに行った時に、無事見つけることができました☆

これで、少しは料理を頑張る気になるかな?
とりあえずプチストレスが解消されて良かったです。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。