今日はイスタナのオープンハウス。

大統領府なんですが、敷地内にゴルフコースもありのひろ~い芝生の公園みたいなとこ。

年に数回(旧正月、ディーパバリ、ハリ・ラヤ・プアサ、レイバーデー、ナショナルデー)に
一般に公開されます。
(Istanaのウェブサイト
)
シンガポーリアンとPR保持者はフリーだけど、私たち外国人は1ドルの入場料。
←入場料はチャリティに使うらしいです。

実は、我が家のリビングからこのイスタナが見えるんです。
最初物件見た時は、公園だと思ってましたからー。あは。

過去の祭日のオープンハウスは機会を逃してしまったので、今日初めて行ってみました。

夕方からお散歩がてら、て~くてく。

ナザン大統領もお目見えでした。
普通にゴルフのカートに乗って、敷地内を回っておいででした。
夕方だったためか、手は振ってくれるものの、笑顔はなく・・・。そりゃぁ、疲れますよね。
ちょっと見世物っぽくて、なんだかお気の毒。

あの敷地のまわりは、一定距離の間、建物の高さ制限があります。
(現に我が家から見ても、あの辺りはひらけています。)
近くに立つ建物は、直接メインビルディング等を覗けないよう、
開口部の角度をずらして建てられているそうですよ。
ついでに、地下鉄もイスタナを迂回するように作られていますね。

普段はサイドゲートにもセキュリティが立っていますが、今日はオーチャードロードのゲートが
オープン。

あの広い敷地を独り占めできるのっていいなぁ。

でも、シンガポールの大統領って対外的な役割で、実際の政権はリー・シェンロン首相が握ってるでしょ。
今回で2期目っていうから、トータルで12年の任期って大変だろうなぁ。

次回は是非、建物の中まで入りたいわ

ちなみに、Istanaを「イスタナ」って日本語では書くんですね。
今までタクシーの運転手さんとかに「イスターナ」って言ってました。
どうでもいいけど、新しい発見。

以前マーライオンの近くでお食事している時にリー・クワンユーさんを見かけたし、
今日のナザン大統領、普通に遊歩道を通ってるし、さすが治安の良いシンガポール。
と思いきや、爆音を立てながら専用の軍事用(?)ヘリで国旗をぶら下げならが、
シンガポールを横切るエライ人もいるみたいだし。

不思議な国ですね~。

*****

お散歩の後は、夫の友人数人とお食事。
6時スタートだったものの、姫、夜までお外で過ごす事がほっとんどなく、かなりぐずっておりました。
何度も眠りかけては、音や笑い声で目を覚まし・・・。

かわいそうなことをしたわ・・・と8時を過ぎて私だけ帰ろうとしたら、なぜか復活。

きゃっきゃ、きゃっきゃと笑い声をたて、笑顔を振りまいておりました。
ま、9時前にお店を出る頃には撃沈してたけどね。

姫、今日はゆっくり寝てね~。
パパとママに付き合ってくれてどうもありがとう。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。