昨日の記事
の続きです。
ついつい散らかしてしまう(=モノを置いてしまう)我が家のダイニングテーブル。
人がくるたびにざざーっと重ねて別部屋へ移動・・・。
私だけじゃないですよね!?
別パターンとしては一ヶ所に固めて布をかけちゃう方法もあるそうですね。

私にとって、散らかる理由は3つでした。

①他にモノを置く場所がない(+置きがちなモノの住所が決まっていない)。

②PCをテーブルでやるので、紙物が周りに増える。

③立った時にちょうどモノを置きやすい「ゴールデンゾーン」である。


もし同じように「テーブルが物置化」する方がいらしたら、結構理由は似ていると思います。


③のゴールデンゾーンである事実は変えようがないので、ここはもう「常に意識して」モノを置かない努力を

するしかありません。


が、そう簡単にいきませんよね。


私は前の記事に挙げたように②のPCをテーブルでやるのも、今のところ変えられません。

なのでいかに紙物をPC周りに増やさないかを考える必要があります。


となると、①の理由にスポットライトを当てざるをえません。

ついつい置いてしまうモノたちに、よく言う「おうち」を作ればいいわけです。



さらに私みたいな面倒くさがりな人間には、簡単に帰れるおうち、が必要です。
ちょっと遠かったり、しまうのに面倒なステップを踏まなければいけないと、結局また散らかしてしまいます。


その人に合った収納方法を考える必要があります。


さて。


まず私がやったのは、これまで書いたような分析です。
散らかすクセのパターンだったり、どんなモノが置かれているかをよーく見ます。(現状の分析)

そして本来それらはどこにあるべきか、どのように収納されていたら使いやすいか・心地よいか
も併せてみます。(ギャップの抽出)


ここでいつものように「片付けて」しまっては意味がありませんよー。
一時はスッキリしても、根本的な問題を解決しないと、必ずまた散らかります。





我が家のリビングとダイニングの収納家具は、バーカウンターと小さな本棚。
テーブルに置きがちなモノは、基本このどちらかに帰ることになっていました。


これらの収納家具の収納方法を見直します。


PCに向かうすぐ後ろにカウンターがあるのですが、よくよく見ていると、
全くスペースを活用できていませんでした。
圧倒的に使用頻度が少ないものが置いてあったり、一段ある引き出しの中も
しばらく整理をしていなかったので、なんだかごちゃごちゃ。


もう一つの本棚にも、普段読まない本やほとんど見ないDVDを置いていたり。

ここにレシートや明細などの紙物を収納していたのですが、ダイニングテーブルから
最も遠い位置に置いてあります。
どう考えても、わざわざ毎回ここまで行って紙類を収納するわけがありません。汗


本棚自体の配置は悪くないと思うのです。
が、そこに使用頻度の高いものを、アクセスの悪い位置に置いたのが問題でした。
ではなぜこんな不便なところに置いていたのか・・・。
「仮想引越しオーガナイズ」の過去記事
にも書きましたが、最初に置いたから・なんとなく

そこに置いたから、なんですよね。
あ、ちなみにこんな風に書いていますがテーブルからその本棚まで10歩くらいで行けます。
それでも面倒臭いんですねー。汗


ということで。


次はモノを収納場所から出し、使用頻度や使用場所によって分ける作業をします。

これが終わったら使用頻度の高いモノを、一番取り出しやすい場所へ配置していきます。


なんだかまた長くなってしまったので、次の記事に続きます。
少しお待ちになってて下さいね。

↑ランキングに参加しています。ぽちっと応援どうぞよろしくお願いします。

いつも心にスペースを。
さて、また明日から日常が戻ってきます。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。