こんばんは。
どうもご無沙汰しています。
少しお休みを頂いていましたが、先日シンガポールに戻ってきました。

バングラデシュの首都ダッカに行ってみたりして、色々と刺激を受けてまいりました。

旅ログ、たくさん書きたいことはありますが、さらっとご報告できればと思います☆

まずカラーのハナシから入りますと、それはもうやはりカラフルな世界で、
かなり目を奪われました。

様々な色とにおいと、たくさんの人々。

交通事情は決していいとは言えず、しかも選挙前のストライキや、
季節柄増えているひったくりや強盗などの事件。

が!

そんなことまるでなーんにも気にならないような、日々の暮らし。
車もリキシャもバイクも人も、目配せだけでスイスイスイ〜。

こちらで物乞いの人がいれば、あちらではスマホを手に流暢な英語をあやつる人。

首都で人口も多く、ラマダンで人も多いのに、なんだか混沌とした中にも
のんびりさが見え隠れしているような☆

そうそう、もちろんファッションも要チェックです。
男性は、こちらと同じでビジネスシャツにパンツ。
靴はサンダルの人も多かったなぁ。
力を使う仕事の人は、巻きスカートのようなルンギ。
頭の上にタオルをのせてモノを運ぶのが都合が良いようで。

女性はかっちりな場所ではサリー。
でも若い女性はあまり着なくなっているそうです。
マジョリティはサルワカミーズ。
サイドにスリットの入ったドレスに、ゆったりとしたパンツ。
ストールとの3点セットです。
ムスリム国なので、顔をしっかり隠している女性もいます。
でもしっかりご主人と手をつないでいたり☆
ゆるりとコットンのサリーを着ているおばあちゃんもよく見かけました。

当然?私もサリーやサルワカミーズを買ってしまいました。

サリーはながーい布を買うだけ。
ブラウスになる部分を切り取って、仕立て屋さんに持って行きます。
既製のブラウスもあるので、時間との相談です。

サルワカは、ほとんど既製品を見ませんでした。
やはり布を買って、仕立て屋さんに持って行きます。

日本の呉服屋さんばりに、男性の店員さんが色々と広げて見せてくれます。
柄や素材なんかをチェックする女性たちは真剣そのもの。
あっという間に、お店の人の前には小高い山ができます。

ちゃんとした色は見れませんでしたが、私もまずは得意ゾーンのカラーからトライ。
先日リトルインディアでサリーを買った時もそうでしたが、
せっかく買うもの、写真に残るものなので、ちゃんと似合う色を着たいもの☆

そうそう、こちらのディワリの前に、
カラー診断+サリー&パンジャビ買い出しツアー@リトルインディア
やりたいなーと妄想しています☆
サリーも何度か着たし、あちらでアドバイスももらって、多分着付けもできますw

ちょっと話が脱線したところで、次回に続きたいと思います☆
久々の更新なので、よかったらポチっと応援して下さると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。