ベーシックなTシャツやタンクトップ、あると便利だから。ベーシックな色だし。と
何枚も色違いで買っていませんか?
確かにベーシックカラーなものが多いですが、そしてプチプラですが。

本当に全部着ていますか?

かくいう私も、ついつい色違いで買っていた頃もありました。
でも・・・着るのは決まった色ばかり。
手持ちの服とコーデしにくいベーシックトップス(ボトムも)、
結局タンスの肥やしになったりします。

この気づき、オーガナイズの際の4分類の(私の)キーワードのひとつ
「スキでもないし、着てもいない」のグループに、この手のワードローブが以前いくつもあったことから。

さらにパーソナルカラーで、自信を持って着れる色も把握すると、
ベーシックなプチプラのトップスでさえ妥協しません。
微妙な色合いのものは、○万円のワンピを買う時のように真剣に選びます。笑

ちいさな心がけですが、続けているうちにクローゼットの中が開けるだけで「嬉しい空間」に
なってきました。
もちろん毎日のコーディネートも無駄に悩まないし、その日一日「なんかしっくりこないなー」なんて
考えることも少なくなりました。


↑この2枚のタンクトップ、実は原色は同じ色。
トーンは違いますが、スタートの原色が私の得意カラー。
そんな時は迷わず色ちがいで買います!!!

小さなことかもしれないけれど、それがちいさな嬉しい自信につながる瞬間。
実際、その後のコーデも楽しいです。

そんな新しい気づきを私にくれたのは、色彩塾の勝間ちなつさん。
お会いする前から共通の友人が2人もいたという、すでに近い方でした。

ちなつさんが色彩塾の原点、とブログにこう書かれていました。

色の世界は感覚だけでなく、理論を伴ったものであるということ。
クライアントの想いを形にする仕事であること。
色にこだわり続けることに喜びを感じること。

思わずうなってしまいました。

まだまだ勉強中の身ですが、私もカラーの理論をもとに、
お客さまが納得して、ワクワクするクローゼットを一緒につくるオーガナイザーでありたいと思いました。

4月の稼働日、まだ余裕があります。
一日で「幸せになるクローゼット」を一緒につくりませんか?

追記:
お問い合せフォームからご連絡頂いた方へ。
3日を目途にメールを差し上げています。
返事がないなーと思われたら、迷惑フォルダーのご確認をお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑服はほとんどシンガポールで買っています!応援ぽち、お願いします☆

いつも心にスペースを。


Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。