一時帰国中、ちょっと時間をみつけて親戚の家のオーガナイズをやってきました。
住宅事情は違えども、片付かない悩みは共通のようです。

「やらなきゃいけないとは、思ってるんだけどねぇ。」
「何回片づけても、また散らかるのよねぇ。」
「大掃除の時(OR次の引越しの時)にやろうと思ってるんだけど・・・。」
「○○で忙しくて・・・。」
「最初はキレイだったんだけど・・・。」

なんだか最後のほうは言い訳のように小さな声でゴニョゴニョ・・・笑。

そうなんですよねー。
もともとお片づけが得意でなかったり、出産を機にそこまで手が回らなくなって・・・という方は、
おそらく大掃除で片づけたぐらいでは、キレイな状態をキープするのが難しいようです。

しかも掃除と片づけは違いますから。
一緒にやろうなんて、相当な覚悟がいるかと。

ちなみにオーガナイズも掃除&片づけとは、またちょっと違うんです。

オーガナイズ(思考の整理・利き脳の見極めなども含む)
   ↓
その後にモノを所定の位置に戻す「片づけ」、ゴミや汚れを取り除く「掃除」・・・の習慣化。

かと。

オーガナイズについてはこれからも書いていこうと思っていますが、
今日はちょっとした疑似体験を写真にてどうぞ☆

よくある洗面台。
脱衣所にあり、広さもまあまあ。
モデルルームのよう!とはいきませんが、使い勝手の良さそうな洗面台。
毎日ココを使うのを、ちょっとイメージしてみてください。

こちらの洗面台、beforeはこんな感じでした。

置く場所がないからと、色々なモノが台の上に出ています。
ある意味使い勝手は良さそうですが、水はねがあったりホコリが一番たまりやすい場所。
掃除が難しそう・・・私なら掃除自体が面倒くさくなりそう。汗
こちらは使っているイメージ、わきますか。

そして洗面台下。

お掃除に使うガムテや古い布類、石鹸・芳香剤がグルーピングされています。
洗剤類は数もあるけれど、液ダレ防止に箱に入っています。
手前半分をメインに使っています。
決して「美しい収納」とは言えませんが、機能的。

こちらのbeforeはこんな感じでした。

収納されているモノはそう変わりませんが、奥を調べるのはちょっとした探検隊の気分。ラジャー
探検隊、あなたは毎回やりますか?

もうイッチョいきます。

二つの紙袋がある洗面台下の扉。
ドアから一番近いこともあり、もともと脱衣所に置かれていた「ゴミ捨て日まで待機アイテム」の
ひとつである古紙を置くことに。
左が古紙入れで、右は古紙を入れるための紙袋たち。
紙袋の量も(スペースの都合上)管理できて、一石二鳥。

こちらのbeforeは。


「どれだけ高く積み上げられるかゲーム」状態。
さあ、あなたもゲームに参戦してください。

というわけで、今回は先にafterを見ていただきました。
いかがでしたでしょうか。
afterの写真も、決して美しいとは言えない、いたってフツーの写真です。
インテリア雑誌にはまず載らないでしょう。
でもこれが、一般的なリアルな生活の場。
それでも良くないですか?

「やらなきゃいけないとは、思ってるんだけどねぇ。」
「何回片づけても、また散らかるのよねぇ。」
「大掃除の時(OR次の引越しの時)にやろうと思ってるんだけど・・・。」
「○○で忙しくて・・・。」
「最初はキレイだったんだけど・・・。」

今のおうちはどんな状態ですか。
もし、ちょっと後ろめたい気分になったとしたら。
もう自分に言い訳するのはやめて、早くラクになりませんか。

まずは思考のオーガナイズから。
心地よいおうちでの時間で、ますますあなたのシンガポールライフが充実しますように。
全力でお手伝いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ちょっと今日はいつもと違うわねと思われたら!ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。