< Pinterestで見つけました。キュートなシュークロゼット☆
photo courtesy: www.cuteandcomfyhomes.com>

たまに盛り上げるクローゼットオーガナイズの話。
最近あまり記事にできていなかったので、今日はその話を。

産後すぐから私のことを知っているお友達(やそのお母様にも)によく言われるのですが。

私は「変わった」らしいです。
ありがたいことに、良いほうに。

終日赤ちゃんのお世話が中心(でボロボロ)だった生活から、
娘が少し大きくなってお友達ともお出かけできるようになり、
身だしなみに気を使うようになりました。

マタニティ服から、授乳ができかつ産後戻らない体型を隠す(笑)ゆるめの普通服へシフト。

その後、娘が保育園に行きだして自分の時間が持てるようになり、
好きなワンピースを着れるようになりました。

自分時間が増えて好きな服を着れるようになったのはいいのですが、
何年かファッションやオシャレなんていうものから遠ざかっていて、
クローゼットを開けても、何を着ていいのかわからない。

シンガポール来る前(=妊娠前)は仕事をしていたので、専業主婦になり、
さらに南国のシンガポールで、ファッションのスタイルも変わり、
余計に何を着ていいのかわからない。

そんな中、雑誌VERY誌上に発見した鈴木尚子さんのクローゼットオーガナイズ特集。

そこで初めて「ライフオーガナイズ」という言葉を知ったのですが、
もう目からウロコなお片づけ方法。

さっそく試したところ、なんだかいい感じ。
従来の「要る・要らない」の2択ではなく、客観的に4つのグループにモノを分けるのが
ポイントでした☆

私が変わったのは、コレだったと思います。

秘密とは言えないくらい、色々なところで言いまわっていますが、
「クローゼットをオーガナイズしたこと」で、何かが変わったと思います。

時々アツく語ってしまうのですが、ほんとにこれキクんです。
自分のクローゼットを見ると、過去がまず見えて、そして未来も見えます。

大切なのは未来をみること。

自分のなりたい方向に向かって洋服を選び、
選んだ服とそしてイメージをまとって人に会って。
それを続けるうちに、なりたいイメージが自分に定着します。

クローゼットはご自身だけのものを収納していることが多いので、
とてもオーガナイズしやすい場所でもあります。
時間もそんなにかからない。

私は自分の好きなテイストをベースに、その日会う方に合わせたスタイルをしますが、
そんなことを考えられるようになったのも、やっぱりクローゼットをオーガナイズして
思考がクリアになったから。

おすすめです☆

***

秋の空気がシンガポールでもファッションを通じて感じられるようになりました。
クローゼットのオーガナイズをもっと専門的に学ぶため、秋の日本に行ってきます。

その受講に先だって日本パーソナルコーディネーター協会の
パーソナルコーディネーター認定講座ベーシックを修了済みです。

美の師匠イネス・リグロンさんのビューティーレッスンへも、先日また参加させてもらい
ファッションやパーソナルビューティーへの考えも継続してブラッシュアップ中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ランキングに参加しています。ぽちっと応援お願いします。

いつも心にスペースを。
お友達が2人の子連れで来星してました。連日朝から夜遅くまで遊び倒していました☆

Author Profile

Eri
シンガポールでLuxenity (ルクセニティ)という小さな会社をつくりました。

パーソナルカラーや骨格スタイル分析でファッションのアドバイスをしたり、心地よい空間づくりのお手伝いをしています。

「知的に品良く美しく。」思いどおりのライフスタイルサポートを、東南アジア・東京・福岡にて提供中。

「女性と子どもの未来を創る。」をモットーに、社会貢献にも力を入れながらいつも心にスペースを広げるべく活動中です。